アクネケアにはベルポナチュール!話題の高機能化粧水がニキビケアに効果的と口コミでも高評価!

ベルポEC

 

話題のアクネケアに効果的!でもアクネケアって実際にはどういう意味?

 

最近「アクネケア」という言葉を耳にするようになってきましたね。

 

なんとなくスキンケアと似たような意味としてぼんやりとらえている女性も多いと思いますが、アクネケアって実際にはどういう意味なんでしょうか。

 

アクネ(acne)とはアメリカ英語が語源となっている言葉で、意味はニキビ。つまりアクネケアというのはニキビケアの事なんですね。

 

ニキビというのはアクネ菌が原因で出来てしまうものだって事や、アクネ菌という名前そのものは結構知られていますよね。アクネ菌、あるいはアクネ桿菌と呼ばれる細菌。皮脂を好む菌で、主に人間の顔や背中などに存在しています。

ベルポ002

 

このアクネ菌、皮脂を好むと書きましたが、文字通り皮脂を食べているんです。食べるという事は出すということ。アクネ菌が皮脂を食べた結果排泄したものをポルフィリンと言いますが、これこそが肌を荒れさせる原因になっているんです。

 

ポルフィリンは紫外線にあたると一重項目酸素という活性酸素の一種と言われているものに変化します。・・・だんだん気づいてきた方もいるんじゃないでしょうか。

 

この一重項酸素という活性酸素が皮膚の表面などに(体内もそうですが)増えてくると細胞や血管を傷つけ始めると言われています。ニキビ肌というのは、こうした経緯から作られてしまっているというわけなんです。

 

ニキビケアという言葉があるにも関わらず、アクネケアという言葉最近使われているのは、より厳密に考えるならば、ニキビを治すという観点よりもさらにニキビの原因となっているアクネ菌の増殖を抑えるという意味あいで使われるケースが多いようです。

 

 

 

 icon-asterisk アクネケアに効果的な高機能化粧水『ベルポナチュール』

 

ベルポ001

そんなアクネケアが重要視されるようになってきている今、そのアクネ菌対策に有効な化粧水としてリリースされたのが、このベルポナチュールという高機能化粧水です。

 

女性ならば抱えている人も多いこんな悩み↓・・・

ベルポ003

ベルポナチュールの配合成分と、その効果について簡単に紹介していきますね。

 

1.まずは肌の悩みの根本を解決する!

一般に保湿に優れており、化粧水にこぞって配合されるヒアルロン酸。ベルポナチュールには、このヒアルロン酸よりもさらに浸透性が高く、より保湿効果が見込めるヒアルロン酸Na-2を配合。

肌に通常の化粧水よりもさらに効果的な潤いのバリアを形成し、乾燥や刺激からお肌を守り、肌荒れの起きにくい状態を作ります。

 

 

2.ニキビを繰り返しにくい肌作り

“二つのリン脂質類似構造の成分を配合”

・2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン

吸収力と保湿力に優れており、またヒトの細胞膜を作る脂質である「リン脂質」と同じ構造なので皮膚の内部まで行きわたり、角質層の機能を正常にする働きもあります。

 

・メタクリル酸ブチル共重合体液

リン脂質類似構造モノマーと、ブチルメタクリレートモノマーから成る共重合体。高い保水性を維持する作用をもつ成分で保湿や保水効果とともに皮膚の柔軟化や角質層の機能の正常化を助ける働きがあります。

 

 

3.活き活きとした肌作り

さまざまな肌トラブルの原因となる肌の奥深くに働きかける収斂効果、角質除去など、肌そのもののケアをはかる優れた天然成分を多数配合。ニキビ以外の肌トラブルをきちんと予防し、安定したお肌作りを進めます。

 

 

4.これがベルポナチュールのウリ!ニキビの大元アクネ菌を抑制する注目成分「EPC」を配合

 

“dI-a-トコフェロール2-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩”

ビタミンCとビタミンEをが作用して、様々な機能性を有しています。紫外線により発生する一重項酸素(活性酸素)を除去する作用、保湿効果、荒れた肌のターンオーバーの正常化、アクネ菌の発育阻止作用など。

単体や混合よりも3倍以上の効果を発揮してくれるんです。

 

 

 

ベルポ004

 

 

ご存じのとおり、お肌の質はひとそれぞれ。

どんなスキンケアアイテムであっても、誰にでも平等に効果が発揮されるわけではありません。

 

ただ、アクネケアに有効に化粧水として評判になっている商品は今後も増えていくはず。

今口コミでも話題になっている、このベルポナチュールから、まずは試してみてはどうでしょうか。

 

気になった方は、下記公式通販サイトをチェックしてみてくださいね。

 

*公式* 高機能化粧水ベルポナチュール

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利