鼻ニキビはどうしてこんなに痛いの!!大人になってからの鼻ニキビが繰り返しやすいのはどうして?

鼻ニキビ1120_ec

 

鼻にできたニキビは他の部位に比べて痛みが強い事が多くありませんか?

 

特に赤みを帯びたニキビや白くてプツンとしたタイプのニキビは痛みを伴う事も多いと思います。

 

鼻にニキビができているというだけでも憂鬱なのにさらに痛みを伴うとなると最悪な状態ですね。

 

鼻にできたニキビはどうして他の部位に比べて痛みが強いのでしょうか?このページでは鼻ニキビと痛みの関係について見て行きたいと思います。

 

 

■皮膚の厚みが関係?

鼻ニキビが痛い理由については、1つに鼻の皮膚の厚みが関係しているとも言われています。

 

鼻を触ってみると分かると思いますが、鼻の頭の皮膚というのは比較的薄くて弾力がないと思います。

 

実は鼻を含む顔の中心部分にはたくさんの神経が通っています。皮膚が薄い分、神経までの距離が近いので痛みを感じやすい部位でもあると言えます。

 

つまり、このように皮膚の薄さと神経の多さが原因で、鼻ににニキビができると神経に触れて痛みを感じるという事が考えられます。

 

 

■刺激による炎症が起こりやすい

鼻ニキビが痛い原因のもう1つは、刺激による炎症が起こりやすい部分でもあるという事が考えられます。

 

ニキビができるとどうしても触りたくなりますね。特に鼻は日頃から触るクセがある人も多いと思います。

 

顔の中心にあってさらには突起している部位なので刺激を受けやすいのが鼻です。

 

例えばマスクをした時などでもマスクの布で常に鼻先が刺激された状態になりますね。

 

先ほどもお話したように鼻は皮膚が薄い部分なのでこうした少しの刺激でも炎症を起こしてしまい、ニキビが悪化してしまう事もあります。

 

炎症して膿みが溜まったニキビというのは痛みを伴う事が多いため、鼻ニキビは他の部位に比べて痛みを感じやすいと考えられます。

 

特に炎症を起こした「赤ニキビ」というのは治りにくく、跡になりやすいのでむやみに触ってつぶしたりしないように注意が必要です。

 

鼻ニキビ1120_001

 

 

大人の鼻ニキビはなぜ繰り返す事が多いのか。

 

鼻にできたニキビ、憂鬱ですよね。

鼻は顔の中心なのでとても目立ちますし、メイクをしてもなかなか隠せなかったりして本当に嫌になります。

 

思春期にできる鼻ニキビの多くは皮脂分泌量の増加が原因とされています。でも思春期が過ぎて皮脂の分泌量が落ち着いてきても鼻ニキビができる事ってありますよね。

しかも大人の鼻ニキビは治ってもまた同じような場所にニキビができてしまう繰り返しニキビが多いと思います。

 

ここでは、まず大人の鼻ニキビが繰り返しできる原因について考えてみたいと思います。

 

 

■生活習慣を見直そう

大人の鼻ニキビの場合、思春期のように皮脂の量にだけ注意しておけば良いというものではありません。

大人の鼻ニキビの原因の多くは、生活習慣の乱れにあるとされています。

大人になってからは睡眠不足、食生活の乱れ、喫煙、飲酒など様々な要因で鼻ニキビができる事があります。

 

喫煙や飲酒については過剰になればなるほど肌にも悪影響を及ぼす可能性は高まります。

嗜好品ですのでこれによってストレス解消をしているなど個々の事情もあると思いますので、無理に控えるというよりは肌への影響も考えつつ上手に利用すると良いでしょう。

 

特にニキビがひどい時などは少し控えめにするなどすると良いかもしれませんね。

 

 

■日常のクセにも注意

ニキビが繰り返しできる原因のもう1つに、日常的なクセが挙げられます。

 

例えば鼻をかいたり、触ったりするクセがあるという人の場合、鼻ニキビができやすいという事があるかもしれませんね。

これは指についた雑菌が鼻の皮脂と混ざり合ってニキビの原因となってしまう事があるからです。

指というのは意外に雑菌が多いものです。鼻ニキビができやすいなぁと思う人は一度自分のクセに注目してみると意外な原因が見えてくるかもしれません。

 

ただ、クセというのはなかなか簡単に治るものではありませんので、もしも鼻を触るクセがあるなと思ったら、まずは爪を短くしておく習慣をつけるなど出来る事から工夫してみると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利