大人のおでこニキビはどうして出来るのか。原因と対処法、スキンケアやコスメの選び方について。

0911おでこec

おでこのニキビというと思春期頃の10代の男女に多く見られる症状だと思っている人も多いと思います。

でも20代を過ぎても突発的におでこに大きな赤いニキビができてしまう事があります。

 

10代のおでこニキビは年齢とともに皮脂の分泌量が減少することで落ち着く場合がほとんどです。

 

ただ、大人になってからのおでこニキビは繰り返しできてなかなか治らないという事もあります。皮脂分泌が落ち着く年代になってどうしておでこにニキビができるのでしょうか。

 

 

■生活習慣が原因

大人のおでこニキビの原因で一番多いのは「生活習慣の乱れ」です。

不規則な生活、偏った食生活、睡眠不足、ストレスなど生活習慣や生活環境が乱れているとホルモンバランスが乱れ、おでこに突然ニキビが出現する事があります。

 

10代ニキビの場合は、皮脂と汚れが混ざった上に前髪などによる刺激が起こる事でできるという内的、外的の両要因が合わさってできる事が多いのですが、大人ニキビの場合は内定な要因の方が大きく関係している事が多くあります。

 

生活習慣が乱れると身体の免疫力や代謝が落ちますので、通常であれば退治できるはずのアクネ菌が繁殖して毛穴のの中に入り込む事があります。これが原因となって突然ニキビができるのです。

 

 

■メイク汚れが原因

大人のおでこにきびの原因として、外的な要素が高いものに「メイク汚れ」と「紫外線」があります。

 

女性の場合は特に毎日メイクをする人が多いと思います。メイクは1日の最後にクレンジングと洗顔で落としますが、この時にきちんと髪の生え際まで汚れを落とし切れていないとおでこニキビの原因になる事があります。

 

また男性は基本的にメイクをしないですが、例えばUVケアで日焼け止めを塗った時などはいつもよりもしっかりと洗顔しないと日焼け止めが肌に残ったままの状態になってしまうので注意が必要です。

 

0911おでこ002

 

10代の頃にできるおでこニキビはホルモンバランスの乱れによる物、皮脂分泌が過剰になる事が原因のものが多いですね。

これに対して大人のおでこニキビは、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ストレスなどが原因となる事が多くあります。

またメイクやスキンケアなどが肌に合っていない事が原因となるケースもあります。

 

大人のおでこニキビは思春期ニキビと違って治りにくいという特徴があり、ひどくなるとクレーター化したり跡が残ったりする事もあります。

こうした症状は、早い段階で正しいケアをしてあげる事で避ける事ができますので、ここでは大人のおでこニキビの正しい対処法について見て行きたいと思います。

 

■早めの対処が大切

ニキビには段階によって名称が異なります。

初期の段階でできるニキビは白いプツンとしたものが多いと思います。おでこにできた白ニキビは、早い段階でケアしてあげる事でキレイ治る可能性が高くなります。白ニキビは小さなものが多いのでこの段階では自宅でのケアでも十分に完治する可能性があります。

 

白ニキビのケアとしては、まず生活習慣の見直しをしてみましょう。

睡眠不足、偏った食事、喫煙、ストレスなどがあればできるだけ改善するように試みる事が大切です。それに合わせて外的なケアとして、ケミカルピーリングやビタミンC誘導体配合の化粧水によるケアを行うと良いでしょう。もしも、白ニキビから赤ニキビに進行してしまったらできるだけ早く専門機関を受診して治療するようにしましょう。

 

 

■スキンケア、メイクアイテムの選び方

おでこにできた大人にきびは、初期の白ニキビから悪化させない事が大切です。

そのために、まずニキビができたらメイク、スキンケアは油分を控えたものを使用するようにしましょう。

 

油分はアクネ菌を増殖させる原因となります。

例えばリキッドやクリームタイプのファンデーションを使用していた人の場合は、パウダータイプに切り替えるなどした方が良いでしょう。

またスキンケアもクレンジングはオイルタイプは避け、乳液、クリームなども使用を控えましょう。

 

ただし、あまりに油分を控えすぎると乾燥を招いて他の肌トラブルを招く事になりますので、スキンケアの最後に保湿系の美容液をプラスしてあげるなどするとより良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利