あごのニキビと紫外線の関係とは?紫外線でも肌は乾燥するんです!

bc0118

ニキビというと皮脂のケアにばかり目が行きがちですが、実は紫外線もニキビの大敵だったりします。

 

ニキビと紫外線は一見するとあまり関係なさそうに思いますが、紫外線による肌の乾燥、肌の角質化がニキビを招くとされています。そこでこのページでは特にあごニキビと紫外線の関係について見て行きたいと思います。

 

紫外線の影響

紫外線があごニキビを引き起こす原因としては、主に角質化、乾燥が挙げられます。

 

皮膚には紫外線を浴びると防衛能力が自然と働き、角質を厚くするという特徴があります。角質が厚くなるとどのような事が起きるのかというと、厚くなった角質が邪魔をして古い角質が剥がれにくい状態が起こります。

こうなると古い角質が毛穴を潰してしまい、詰まりの原因となります。皮脂や汚れが毛穴に詰まった状態のままだとニキビができてしまいます。

 

また乾燥も毛穴トラブルを招く大きな原因となります。ニキビというのは毛穴に汚れが詰まる事が原因となる事が多いのですが、あごは皮脂の分泌も活発な部位なので毛穴が詰まりやすく、普通でもニキビができやすい部位でもあります。

 

その上、紫外線を浴びてしまうと余計にニキビができやすい肌環境を作ってしまうという事になりますね。

 

 

 

紫外線とニキビの悪化、ニキビ跡

 

紫外線が招くのは新たなあごニキビだけではありません。

 

すでにあごにできてしまっているニキビに紫外線が影響して悪化してしまうという事もあるのです。

紫外線を浴びると肌は、活性酸素という細胞を傷つける成分の生成を促進してしまいます。活性酸素はすでにできているニキビを刺激して炎症させてしまう事があるのです。

 

また、ニキビが悪化して傷になってしまうとニキビ跡になってしまう事も多くあります。さらにすでにニキビ跡になっている部分に紫外線を浴びてしまうとニキビ跡が濃いシミのようになる可能性もあります。

 

そのため、あごニキビがすでにできてしまっている場合も紫外線対策は重要になりますね。

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利