あごニキビと胃腸機能の関係。冷え症も関係があるらしい?

20151024ec

 

あごのニキビと胃腸の関係とは?

 

繰り返しできるあごのニキビ。

治ったと思ってもまたすぐにできてしまうし、あごのニキビは目立つので憂鬱になりますよね。

それにあごのニキビは、メイクをしても隠し切れない事が多い上に痛みを伴うものも多いので余計に辛いですね。

 

あごニキビがの原因については、色々な原因がありますが、その1つに胃腸機能の低下によるものが挙げられます。

このページでは、特にあごニキビと胃腸機能の関係について詳しく見て行きたいと思います。

 

 

■胃腸機能の低下が原因

あごニキビの原因の1つに胃腸機能の低下というものも挙げられます。

 

様々な原因で胃腸の働きが低下してくると摂取した食べ物がうまく消化されずにニキビとして処理されるという事もあります。

また胃腸機能の低下は皮膚の抵抗力を弱めるとも言われていて、抵抗力が下がった事であごにニキビができる場合もあります。

この場合、胃腸機能の働きを回復される事が重要になってきますので、食生活を見直したり、生活習慣を見直したりして身体の内側からケアしてあげる事が大切になりますね。

 

これに合わせて外側からもケアしてあげればより効果的にニキビケアをする事ができるでしょう。

 

 

■胃腸機能を改善しよう

胃腸機能の低下が原因となるあごニキビの場合、消化機能の働きを回復する事が何よりも重要になってきますので、食生活を見直したり、生活習慣を見直したりして身体の内側からケアしてあげる事が大切になりますね。

 

これに合わせて外側からもケアしてあげればより効果的にニキビケアをする事ができるでしょう。

特にビタミンが不足するとニキビができやすくなるとされていますので、野菜やフルーツなどを意識的に摂取する習慣をつける事があごニキビ解消の近道となります。

 

ただ、食生活を改善するというといきなり凝った料理を作ってみたり、食材などにこだわりだしたりする人がいますが、これも長続きしなければ意味がありませんね。

大切なのは無理をせずにきちんとした食生活を長く継続するという事です。

 

20151024_001

 

あごのニキビと冷えとの関係について


身体が冷えるとあごニキビができやすくなると言われています。

一見すると冷えとあごニキビはそれほど関係ないように思えるのですが、これが以外と関係しているのです。

 

どういう事かというと、身体が冷えるとリンパの流れが悪くなって、ニキビができやすくなるという事です。

このページでは特にあごニキビと冷えの関係について詳しくみて行きたいと思います。

 

 

■冷えが原因のあごニキビ

例えば、胃腸の機能もバッチリだし、婦人科系の病気もない、でもあごにニキビが繰り返しできる・・・という場合には、首周りが冷たい感じがしないか確認してみましょう。

冷えが起こると血行不良が起こり、それに伴って代謝が下がります。代謝が下がると老廃物の排出がスムーズにいかなくなるので、ニキビができやすくなるという事ですね。

また、首周りが冷えると肩が凝りやすくなるので、肩凝りも冷えのサインの1つです。首周りが冷えているとあご周りのリンパの流れが滞りやすくなるため、これもニキビもできやすい状態を招く原因となります。

 

 

■冷え性を改善しよう

冷えによるアゴニキビの改善には、当然の事ですが冷えを改善する事が最大のポイントとなります。

 

冷え性の対策としては、とにかく意識して身体を温めるという事が大切です。例えば飲み物や食べ物も冷たいものを過剰に摂取しないように気をつけましょう。

冷えと飲み物や食べ物は関係ないように感じますが、内臓が冷える過ぎると血行不良になる事もあります。

 

身体を温める食材としては「しょうが」が推奨されています。温かいしょうが湯なども良いですね。

 

身体を温めるという点では、お風呂の入り方も大切なポイントです。シャワーばかりだと知らない間に冷え性を招いてしまう事もあります。

短い時間であったとしてもできるだけ湯船につかって疲れを取り、身体を温めるようにしましょう。また、足元を冷やさないという事も大切です。

 

夏でもなるべく靴下を履くなどの心がけも大切です。冷えが改善されたら身体全体の血行不良も改善されますので、リンパの流れもスムーズになりあごニキビも改善される可能性が高いですね。

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利