胸やデコルテ、鎖骨あたりにニキビが出来たら?原因はシャンプー?効果的なお風呂の入り方をご紹介します。

%e3%83%87%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%861023

 

胸ニキビ~シャンプーが原因になる事も

 

鎖骨や胸の谷間などにポツンとニキビができてしまう事ってありませんか?

 

ニキビは顔に限らず体にもできる事があります。

どうしてこんなところに?と思うような箇所にできてしまう事ありますね。

今回は、特に胸ニキビができる原因について考えてみたいと思います。

 

 

■シャンプーの洗い残しが原因に

胸ニキビができる原因の1つにシャンプーやリンスの洗い残しが挙げられます。

特に体を先に洗ってから髪を洗う習慣がある人の場合は、シャンプーやリンスの洗い残しが起こりやすく、胸だけでなく背中などにもニキビができてしまう事が多くあります。

また、トリートメントなどをする習慣がある人は、トリートメントをしている間に体を洗ってしまうという場合もあると思います。

こうした場合にも、きちんと流したように見えてもシャンプーやリンス、トリートメントがしっかりと洗い落とせていない事も多く、デコルテのあたりに残ってしまう事もあります。

このような洗い残しが汗や皮脂と混ざってニキビの原因となってしまいます。

 


■胸ニキビを防ぐお風呂の入り方

シャンプーやリンス、トリートメントはできるだけ体を洗う前に行って、濯ぎ残しがないようにする事も大切です。

肌に残ったシャンプーなどは毛穴を詰まらせる原因になります。

また、胸ニキビを防ぐためにはこの体を洗う際にも注意が必要です。

ポリエステル系のタオルなどを使うと肌や毛穴にに負担がかかる事があります。

 

体を洗う時は、できるだけ肌に負担の少ない綿のタオルなどを使うと良いでしょう。

また、ボディーソープや石鹸などもしっかりと泡立てる事が大切です。

 

もしも胸ニキビができてしまった場合でも、同じような洗い方をして肌や毛穴の負担を少なくする事が大切です。

できてしまったニキビをゴシゴシと強い力で刺激してしまうと、ニキビの悪化だけでなくニキビ跡の引き金となりひどい場合は色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。


 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利