美白をキーワードに化粧水を選んでいる女性へ。美白と化粧水の関係とは?

bc1010001

 

化粧水を選ぶ際、「美白」というキーワードをポイントに選ぶという人も多いと思います。

美白化粧水はたくさんの種類がありますが、みなさんはどのような点に重点をおいて美白化粧水を選んでいますか?

今回は、美白と化粧水の関係について考えてみましょう。

 

■それ本当に美白ですか?

たくさんある化粧水の中には「美白」できそうな化粧水というものもあります。

例えば「ホワイト~」という商品名だったり、パッケージが白っぽかったりすると美白できそうなイメージがしますよね?もちろんこうした商品が美白化粧水である場合もあります。

ただし、正確な「美白化粧水」というのは成分に「美白成分」と呼ばれる成分がきちんと配合されているものであるということは知識として理解しておきましょう。

見た目だけで判断して購入すると実は美白化粧水ではなかった・・・なんてこともありますので注意が必要です。

 

■美白化粧水の選び方

このようにパッケージなどのイメージだけで購入すると実は美白化粧水ではなかった!ということもあります。ではたくさんある商品の中からきちんと美白化粧水を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか?

化粧水だけには限られないのですが、美白化粧品には厚生労働省が認めている「医薬部外品」とそうではないものがあります。

「医薬部外品」の美白成分については別の項目で詳しく説明しますが、「医薬部外品」が含まれていないから効果がないということは必ずしもありません。

美白成分には「医薬部外品」外の成分も多数あり、それを配合している商品もたくさんあります。

ただ、一つの目安として「医薬部外品」の成分が配合されているものを選ぶというのも良いでしょう。

 

■美白成分の働き

美白成分と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?

美白化粧水を付けておけば肌が自然に白くなっていく!と思っている人も多いのではないでしょうか?実はこれは誤解です。

 

美白化粧水に含まれる美白成分の働きは、肌を白くするのではなく紫外線に当たることで生成されるメラニン色素の生成を抑制するというのが主な働きとなります。

つまり、シミやニキビ跡などによる赤みなどを白くする効果はあまり期待することができません。

 

ただし、美白成分の中でビタミンC誘導体という成分については、ニキビ跡の赤みなどにも効果が期待できるとされています。

こういった点も、この化粧水のコラムで紹介していきたいと思います!

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利