油溶性ビタミンC誘導体について。特徴はなんといってもお肌への刺激が少ないこと!

%e6%b2%b9%e6%ba%b6%e6%80%a7%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%ef%bd%83%e8%aa%98%e5%b0%8e%e4%bd%931112

油溶性ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、両性の3種類があるというお話は「ビタミンC誘導体と化粧水」の項目でご紹介しました。

そこで今回は、その中でも特に油溶性のビタミンC誘導体について詳しく見ていきたいと思います。

 

■油溶性ビタミンC誘導体の特徴

油溶性ビタミンC誘導体の特徴として、肌への刺激が少ないという点が挙げられます。

また農道が高いため、ゆっくりと肌に浸透するため肌の奥まで浸透しコラーゲンの生成促進、メラニン生成の抑制などに効果が期待できるとされています。

主にはクリームやジェルタイプの商品に配合されていることが多いです。

 

■油溶性ビタミンC誘導体の種類

油溶性ビタミンC誘導体にはいくつかの種類があります。

化粧水にはあまり配合されていることはないかもしれませんが、念のため紹介しておきたいと思います。

・パルミチン酸アスコルビル

・テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

・パルミチン酸アスコルビル

 

■パルミチン酸アスコルビル

パルミチン酸アスコルビルは、特にニキビ対策化粧品に配合されることが多い成分です。

抗酸化作用が高いのが特徴です。

それ以外にもメラニン生成を抑制するという特徴から化粧下地や日焼け止めクリームに配合されることも多いですね。

 

■テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)は、油溶性ビタミンC誘導体の中でも低刺激なのが特徴です。

医薬部外品に分類される成分で、美白や抗酸化作用、コラーゲン合成の促進などにも効果が期待できるとされています。

 

■パルミチン酸アスコルビル

パルミチン酸アスコルビルは、エステルCとも呼ばれている成分です。

ただ、テクスチャーがとても重たく、酸化しやすいという特徴があるので最近ではあまり使用されることがなくなってきているとも言われています。

 

■水溶性との違い

水溶性のビタミンC誘導体と油溶性の違いは、即効性と刺激面にあります。

水溶性は即効性が高く浸透性も高いとされています。

ただ、油溶性に比べると刺激が強い成分もあるので注意が必要です。

一方の油溶性は浸透がゆっくりなので即効性に欠けるという特徴があります。

ただし、緩やかに効果が出るため肌への刺激は水溶性に比べて低いとも言われています。

 

■両性のビタミンC誘導体

ちなみに両性のビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性の両方の特性を持つ成分です。

3つのビタミンC誘導体の中では最も肌への浸透性が高いのが特徴です。

「APPS」という成分については、通常のビタミンCの約100倍の浸透力があるとされています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利