知っておきたい『化粧水の種類』。なんとなくで選んでる女性は要注意!

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4_%e7%a8%ae%e9%a1%9e0918001

化粧水と一言でいっても色んな種類がありますね。

 

お店やネットなどで化粧水を探してみても、種類がたくさんあり過ぎて自分の肌には一体どんなものが合っているのかよく分からない・・・ということもあると思います。

 

1つ1つについてはそれぞれの項目で詳しく見ていきたいと思いますが、まずはどのような種類があるのかここで簡単にまとめておきたいと思います。

 

 

■しっとり系とさっぱり系


まず化粧水を大きく分けると「しっとり系」と「さっぱり系」の2種類に分けることができます。まずはこの2種類のどちらが自分の肌に合っているのかを知ることが大切です。

 

一般的に考えると乾燥肌~普通肌の人は「しっとり系」、混合肌やオイリー肌の人は「さっぱり系」を選ぶと良いと考えますよね。

 

まず「しっとり系」の化粧水は、肌表面にある角質の乾燥を防ぐために肌の保水力を高め、潤いを与えるという効果があります。

 

一方で「さっぱり系」は肌表面の皮脂と水分のバランスを整える効果が強く、全体的にサラッとした肌にしてくれる効果があります。

 

 

 

■しっとり、さっぱりどう選ぶ?

 

基本的には、自分の肌が乾燥状態かオイリー状態かによって選ぶと良いでしょう。

ただし、ニキビ肌の場合には注意が必要です。ニキビはオイリーなイメージがありますが、場合によっては乾燥が原因でニキビができてしまっている場合もあります。

 

そのため乾燥が原因となっているニキビ肌の人の場合にはさっぱり系よりもしっとり系の化粧水を使用した方が良いという場合もあります。

 

 

 

■化粧水の種類

さらに細かく化粧水の種類について見ていってみましょう。

 

・一般用化粧水

一般用化粧水というのはたくさんある化粧水の中でも一番ノーマルなタイプのアイテムです。洗顔後の乾燥を防ぐことを目的にしています。成分的には9割が水とアルコール、残りが保湿成分となるグリセリンや乳化剤で構成されています。

 

・美白用化粧水

美白用化粧水の場合は、一般的な化粧水に美白効果を高めてくれる成分が多く配合されているものを指します。紫外線から肌を守ったり、シミなどを予防する効果にも期待できるアイテムが多くあります。

 

・ニキビ用化粧水

ニキビ肌化粧水は、ニキビ肌の炎症を抑制し、殺菌効果のある成分が含まれています。油分を抑える効果が高いので使用感はさっぱりとしたものが多くあります。

 

・アルカリ性化粧水

アルカリ性化粧水は、肌が弱い人にはあまりおすすめできませんが、硬くなった角質などを柔らかくする効果が期待できる化粧水です。

 

・植物性化粧水

植物性化粧水は、肌に良いとされている植物のエキスを抽出してつくられた化粧水です。レモンやアロエ、コメヌカなどが主成分となっていることが多いです。

 

・拭き取り専用化粧水

拭き取り用化粧水は、洗顔では落とし切れなかった汚れや古い角質などをコットンで拭き取るタイプの化粧水です。

 

・収れん化粧水

収れん化粧水は、毛穴を引き締める効果が期待できるタイプの化粧水です。アルコール分が多く含まれているので肌が弱い人が使用する場合には気をつけましょう。

 

・プレ化粧水

プレ化粧水は、化粧水を使用する前に使う化粧水で、洗顔で残った汚れや洗顔料の成分などを中和してくれる働きをしてくれる化粧水です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利