化粧水に配合されてると良い!!ビタミンC誘導体との関係について。その効果とは?

bc1016

 

化粧水を選ぶ際のポイントは、どのような成分が配合されているかですね。

有効成分の中でもあらゆる肌の悩みに効果が期待できるとされているのが「ビタミンC誘導体」です。

 

今回は、そんなビタミンC誘導体について詳しく見て行きたいと思います。

 

 

■ビタミンCの作用

まずはビタミンC誘導体の基本となるビタミンCについて理解しておきまししょう。

ビタミンCは、化粧水にもよく配合されている成分ですね。サプリメントなどの商品も多く目にすることがあると思います。

そんな美容に効果が期待できるビタミンCには美白作用や抗酸化作用などがあるとされています。

 

また、皮脂の過剰分泌を抑制する働きもあるとされていますのでニキビの予防や改善などにも効果が期待できます。

そんなビタミンCの正式名称はL-アスコルビン酸と言います。

 

美白作用は、メラニン色素の生成を抑制するためニキビ跡の予防に、皮脂の過剰分泌の抑制はニキビの炎症を抑える効果が期待できるとされています。

 

 

■ビタミンCの弱点

このように様々な効果が期待できるビタミンCですが、実はとても酸化しやすいという弱点があります。

そのため、化粧水に配合する際には色々な成分と結合させることで酸化しにくい状態にした「ビタミンC誘導体」という成分として配合されることが多いです。

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性、両性の3種類があります。

どちらが配合されているか、どのような効果の違いがあるかはそれぞれの化粧品によって異なります。

 

それぞれの特徴については別の項目で紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

 

 

■ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体の効果についてはビタミンCとほぼ同様です。先にも説明しましたが具体的には次のような効果があるとされています。

 

・美白効果

=紫外線を浴びると肌の中で生成されるメラニン色素の生成を抑制する働きがあるとされています。また、すでにできてしまっているメラニン色素の沈着にも改善効果が期待できるとされています、

 

・ニキビ予防、改善効果

=ビタミC自体に皮脂の過剰分泌を抑制する効果があると同時にニキビ跡の赤みを薄くする効果も期待できるとされています。

 

・抗酸化効果

=抗酸化作用は別名アンチエイジングとも言われていますね。ビタミンC誘導体にはm体内で過剰に発生した活性酸素を除去することで肌細胞の劣化を予防するとされています。
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利