化粧水とニキビの関係。ニキビや吹き出物を改善する化粧水を選んでる?

kesyousui1128001-300x225

化粧水の種類の中には「ニキビ専用」というものがあります。

 

この種類の化粧水には、ニキビや吹出物をを改善させる効果のほかにニキビや吹出物を防ぐ効果が期待できるとも言われています。

 

ここでは、ニキビと化粧水の関係について考えてみましょう。

 

 

■ニキビができた時のスキンケア

ニキビができると憂鬱ですよね。

 

ニキビができてしまうと、いつも通りのスキンケアで大丈夫なのかな?と不安になることもあると思います。

 

ニキビ専用の化粧水は、通常のものに比べて殺菌や角質ケア、ピーリング作用効果などが高くなっています。ニキビができてしまった場合には、できるだけ専用のケア化粧水を使用するとより良いですね。

 

 

■ニキビと皮脂の関係

ニキビができてしまうと、肌が油っぽくなっているのでは?と感じて過剰に洗顔してさらにさっぱり系の化粧水をつけて乳液などの油分があるアイテムを控えるという人も多いのではないでしょうか?

 

確かにニキビができている状態の肌というのは、通常よりも皮脂が多めの状態になっています。

 

また、ニキビの原因となるアクネ菌という菌が油分を栄養源としてどんどんと増えていっている状態でもあります。

 

そのため、ニキビ肌のケアはしっかりと皮脂をケアしてあげることでアクネ菌の増殖を抑制するためのケアと考えると良いでしょう。

 

 

■殺菌作用の強いさっぱり系アイテム

そうなるとやはり化粧水はさっぱり系になりますね。またニキビ専用化粧水には殺菌作用が強いものも多くあります。

 

具体的な成分では、サリチル酸やグリチルリチン酸などが配合されている商品が多いと思います。

 

こうしたアイテムは使用感もさっぱりして肌の油っぽさが抜けた感じでとてもスッキリすると思います。

 

ただ、ここで1点よく注意しておきたいことがあります。それが「皮脂の取り過ぎは逆効果」ということです。

 

 

■皮脂を取り過ぎると?

ニキビ肌でオイリーだからといってゴシゴシと洗顔して油分を取った後に、さっぱりタイプの化粧水をつけてさらに顔をさっぱりさせているのになかなかニキビが治らない・・・という人はいませんか?

 

もしかするとそれは皮脂の取り過ぎが原因かもしれません。

 

皮脂というのは余計なものに感じるかもしれませんが、人間の肌に取って必要なものでもあります。

 

そのため、顔から皮脂が取り除かれ過ぎてしまうと、余計に皮脂を出さなくてはという作用が働いて皮脂が増えてしまうという現象が起こる場合もあります。

 

ニキビができると乳液や美容液、クリームなどの油分を控えがちですが、さっぱり系の化粧水を使用した後には適度な保湿ケアをしてあげた方がニキビケアには適しています。

 

最近では、ノンコメドジェニックなどと呼ばれるアクネ菌の栄養源になりにくい油分を使用したケアアイテムなども登場していますので、使用してみると良いと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利