高い保湿力が魅力のセラミド。いくつか種類がありますのでご紹介します。

%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%81%ae%e4%bf%9d%e6%b9%bf%e5%8a%9b%e3%81%a8%e7%a8%ae%e9%a1%9e

 

セラミドには高い保湿力があると言われています。

 

角質の中で高い水分保持力を発揮するとされていますが、肌が持つセラミドの量は加齢によって年々減少していきます。

セラミドは肌の新陳代謝の過程で生成される成分ですが、人間の代謝は加齢とともに低下しますね。

そのため、自然とセラミドの生成量も減少していくのです。

そのため、乾燥などの肌トラブルが起こると考えられます。

 

こうした肌トラブルを回避するためにも化粧水などのアイテムで外からセラミドを補給してあげることが大切です。

そこで今回は、セラミドと化粧水の関係について見ていきたいと思います。

 

 

■化粧水よりも美容液?

お店にはセラミド配合と表示された化粧水商品もたくさんあると思います。

ただ、実はセラミド自身は油溶性なので成分の90%が水とアルコールでできている化粧水には溶けにくいという特徴があります。

そのため、化粧水に配合されているセラミドは非常に微量であることが多いというのが実情です。

もちろん全く効果がないという訳ではありませんので、セラミド配合の化粧水を使用することは悪いことではありません。

ただ、よりセラミドの高い効果を得たいと考えるのであればセラミド配合の化粧水とセットでセラミド配合の美容液やクリームなどを使用するとより良いでしょう。

 

 

■化粧水、美容液の選び方

ではセラミドが配合された化粧水や美容液を選ぶ際にはどのような点に留意すれば良いのでしょうか?

一番は、成分表示をよく見て購入するという事です。特に成分表示の上位にセラミドが記載されているものを選ぶとよりよいですね。

成分表示というのは、配合量1%未満のものと着色剤以外の成分に関しては配合量の多い順に表示されていますので、セラミドが上位に表示されていればより多く配合されているということが分かります。

 

 

■セラミドの種類

ただ、成分表示を見る際にもいくつかポイントがあります。

単純にセラミドと書かれていれば良いかというとそうでもありません。

セラミドにはいくつか種類がありますので、その種類を見分けるということも大切です。

実はセラミドと一言で言ってもいくつかの種類があります。最も効果が高いとされているのは「ヒト型セラミド」と呼ばれる成分です。

それ以外には、動物や植物を由来とした「非人型セラミド」「疑似セラミド」などがあります。

それぞれの種類については別の項目で詳しく見て行きたいと思いますので参考にして見て下さい。

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利