生プラセンタって何?普通のプラセンタとの違いについて。

%e7%94%9f%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%a8%e6%99%ae%e9%80%9a%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

 

他のスキンケア成分と違って、ワンランク上の効果をもたらしてくれる成分・プラセンタ。

女性のためのサプリメントとしても非常に人気が高い成分です。

 

中でも最近、人気が高まっているのが「生プラセンタエキス」です。

これまでのプラセンタは他の健康食品と同様、加工する際に加熱殺菌処理を施したものがほとんどでしたが、この生サプリメントとはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

プラセンタそのものが含まれているわけではない

「生プラセンタ」というと、動物の胎盤そのものが生で配合されているように考えてしまう方もいるようです。

しかしサプリやドリンク、化粧品に含まれているのは胎盤そのものではなく、胎盤から抽出されたエキスのこと。

したがって生プラセンタと呼ばれているものは「加熱殺菌処理を施していないサプリメント」ということになります。

 

 

従来のプラセンタサプリメントは

では生プラセンタが動物の胎盤から摂れるエキスである以上、そのまま使用した場合、不純物やウィルス、細菌が混入してしまう可能性があるため、加熱殺菌処理をする必要がありました。

万が一、豚インフルエンザなどのウィルスが混入していたとしても加熱することで不活性化することができるのです。

しかし加熱殺菌処理には問題点もあります。

ビタミンなどの栄養素と同様、プラセンタに含まれる成分も熱を加えることで破壊されてしまうものがあります。

加熱するときに温度によっては有効成分のほとんどが破壊されてしまうという意見もあるのだそう。

これに対して生プラセンタは特殊なろ過処理、瞬間殺菌処理などで細菌やウィルスを細菌やウィルスを取り除いて加工しています。

さらに生プラセンタは成分の安全性を高めるために、原料である動物の胎盤の段階から飼育環境を厳しく管理し、動物が病気にかからないように配慮されているのです。

 

 

生プラセンタのメリット・デメリット

加熱されたプラセンタは影響を与えにくい低い温度で処理したとしても、変質してしまう成分や壊れてしまう成分があります。

これに対して生プラセンタは加熱したプラセンタよりもはるかに高い効果が期待できると言われているのです。

デメリットとしては加熱していない分、成分が変質しやすいということ。肉や魚と同じですよね。

生プラセンタのサプリメントも同様に冷暗所で保管し、期限内に飲み切る必要があります。

より効果が高いプラセンタを試してみたい!という方は今、話題の生プラセンタを選んでみるとよいでしょうただし、安全性の問題からも信頼できるメーカーのものを選ぶのがポイントです。
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利