頬や鼻の周りの黒ずみ。実は黒ニキビ?毛穴パックとその粘着力について

鼻の黒ずみ20170910002

 

頬や鼻の周りの黒ずみに悩んでいませんか?

 

単純に毛穴に汚れが詰まって黒くなっていると思っている人も多いかもしれませんが、実はその黒ずみは黒ニキビと呼ばれるニキビの1種なのです。

 

黒ニキビは皮脂と汚れや古い角質が混ざりあった状態のものが毛穴に詰まってしまう事で毛穴の入口が硬くなり、分泌された皮脂が正常に排出されない状態が起きています。

 

こうした状態が黒ニキビと呼ばれる症状に当てはまります。

 

黒ニキビができると毛穴パックを利用して角栓を取り除くようなケアをする人も多いと思いますが、実は毛穴パックは黒ニキビを悪化させてしまう場合もあるので使用に関しては注意が必要なアイテムです。

 

 

毛穴パックについて

毛穴パックを利用した事がある人も多いと思いますが、毛穴パックの仕組みを簡単に説明すると、粘着性のシートの力によって毛穴に詰まった角栓を引き抜くという仕組みになっています。

 

シートを貼って一定時間放置して後は剥がすだけなのでとても気軽に利用できるアイテムという点では非常にメリットがありますね。

 

ただ、この粘着力が肌にダメージを与えてしまうという事も言われています。

 

粘着に使用されている成分はそれぞれのメーカーによって異なりますが、成分が問題というよりはどちらかというと“剥がす”という行為そのものが肌に少なからずダメージを与えると考えられます。

 

 

毛穴パックの粘着力

毛穴パックの粘着力は製品によっても異なりますが、一部ではガムテープ程の力があると言われています。

 

肌は薄い角質で保護されていますが、この角質は肌にとってとても大切なものです。

 

毛穴パックは毛穴に詰まった角栓を取り除くだけでなく、シートを剥がす際に角質も同時に取り去ってしまいます。

 

角質はとても薄く、神経とは関係ないものなので剥がされても痛みを感じる事はありませんし、剥がれた事すら気付かない事がほとんどです。

 

ただ、角質が剥がされると毛穴を保護する機能までもが低下してしまいますので、毛穴をキレイにしようとして使った毛穴パックで逆に毛穴を傷つけてしまうという事も起こりかねません。

 

黒ニキビのケアに毛穴パックを使用したいという気持ちはとても良く分かりますが、できれば地道な洗顔や皮膚科での治療を優先した方が良いでしょう。

 

Remery

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利