ニキビとは?にっくきニキビ対策として、まずはニキビって何なのかを知るところからはじめましょう!

ニキビの基礎知識20170114

まずはニキビの種類から押さえておこう!

 

一言でニキビと言っても色んな種類がある事を知っていますか?

 

ニキビは毛穴から分泌される皮脂と汚れや古い角質が混ざり合い、それが毛穴に詰まる事で起こる皮膚疾患の1つです。

 

皮脂と汚れや古い角質が混ざり合ったものを角栓と呼びますが、この角栓が毛穴に詰まった状態がニキビのでき始めです。

この時点ではまだ皮膚の表面に炎症などはなく、ただ毛穴に角栓が詰まっている状態ですが、これが徐々に進行していくとニキビになります。

 

そしてこの進行段階によってニキビの種類が異なります。

 

 

■ニキビの種類って?

それではまずはニキビの種類について簡単にまとめておきましょう。ニキビには大きく分けて次の4つの段階があるとされています。

・白ニキビ

・黒ニキビ

・赤ニキビ

・黄ニキビ

 

ニキビの一番初期段階が白ニキビです。

 

白ニキビは、文字通り見た目にも白いのが特徴です。これは皮脂や角栓の色が白っぽい色をしている事に関係しています。

毛穴が詰まった状態で皮脂がさらに分泌されてしまうと、分泌された皮脂の逃げ場がなく毛穴の内側で盛り上がってしまいます。

この盛り上がった状態が白ニキビと呼ばれる状態です。まだまだ初期段階なのでこの段階できちんとケアしてあげれば跡を残す事なくキレイに治す事ができるでしょう。

 

 

■ニキビの進行について

黒ニキビは、白ニキビの状態からさらに皮脂が分泌されて毛穴を押し広げている状態です。

皮脂は酸素に触れると酸化して黒くなるのでニキビが黒く見えるようになります。

 

赤ニキビは、黒ニキビが炎症を起こしてしまった状態です。

赤く腫れたような状態で痛みを伴う場合も多くあります。炎症しているのでひどくなると化膿してしまう事もあります。

 

赤ニキビが化膿してさらにひどい状態になったのが黄ニキビです。

黄ニキビまで進行してしまうと皮膚科などで治療しないと治らないケースがほとんどです。

 

セルフケアでニキビをつぶしたりしてしまうと、跡になるだけでなくクレーターのように肌が凸凹になってしまう事もあるので注意が必要です。
 

 

☆ニキビのアトケアNo.1化粧水はこちら♪

関連記事

ページ上部へ戻る キャッシング 金利